Home - shikencho.com - インターネット最強の検索術

コンピュータが誰にでも簡単に操作できるようになった理由のひとつに「マウス」があると思います。DOSの頃には想像もできなかった操作がMacやWindowsで簡単にできるようになりました。ところが使い慣れてくるとマウスでの操作がかえって面倒になることもあります。せっかくホームポジションに置いてある手をマウスにもっていって操作すると思考の流れ、一瞬の閃きが消えてしまうこともあるのです。そこで使うのが「ショートカット」と呼ばれるキー操作です。

Windowsでの最も一般的なものは次の3つでしょう。

これに慣れるだけでもかなり作業が効率的になります。同じソフト内ではこの3つで簡単にデータの移動やコピーができますが、複数のソフト間では別のショートカットが必要になります。例えばエディタで打った文章をメールに張り付ける、といった場合です。

これは「タスクの切り替え」と呼ばれているショートカットです。[Alt]を押しながら[Tab]を何回か押すことで、アクティブにするソフトを変更することができるのです。

さらにエディタを使っている場合には[Shift]とからんだショートカットが便利です。文字列の選択には必須のショートカットです。マウスのドラッグに比べるとはるかに簡単に素早く操作できます。

以上のショートカットの組み合わせでマウスを使わない高速な作業が実現します。ほとんどのソフトウェアで共通の操作方法ですから、ぜひ覚えてみてはいかがでしょうか。

eXTReMe Tracker
shikencho.com