Home - shikencho.com - インターネット最強の検索術

ドメイン指定の検索

ロボット系のサーチエンジンで闇雲に検索しても個人の運営する資料的に価値のないページが多数ヒットして、検索結果の数百~数千のページの中に目的のページが埋もれてしまうことが多々ある。キーワードが存在するページを網羅的にリストアップするのがロボット系のサーチエンジンの利点でもあるわけだが、その中の本当に有用なページを見つけだすのは至難の技である。

では、最初からサイトの性格(個人運営、企業、公共団体、政府関係、教育関係)を指定して検索できたら便利ではないだろうか。それが実現できるのがドメインの指定(サーバロケーションの指定)による検索である。この検索オプションは、gooやInfoseek Japanが対応している。

日本の第2レベルドメインについて

では、サイトのドメインについてここで確認しておこう。日本における通常のサイトのURLは次のような形式である。

http://www.aaa.bbb.xx.jp/

URLを構成する最も右側の「jp」を「トップレベルドメイン名」と呼び、そこから左へ順に「第2レベルドメイン」、「第3レベルドメイン」...と呼ぶ。日本の場合の「第2レベルドメイン」は次の種類がある。

この他に都道府県や市町村などの「地方公共団体型ドメイン」というものもある。この場合は都道府県名や市町村名が第2レベルドメインとなる。

サーチエンジンでの検索の際にこれらを指定してドメインを限定すれば、無駄な情報のないきれいな検索結果リストを生成することができるというわけである。

ドメイン指定の検索例

134.gif

135.gif

第1+第2レベルドメインの指定

第1+第2+第3レベルドメインの指定

eXTReMe Tracker
shikencho.com