Home - shikencho.com - インターネット最強の検索術

サーチエンジンには様々なタイプのものがある。情報検索のコツとしては、各々のサーチエンジンの「性格」を把握して状況に応じて使い分けることである。あるサーチエンジンなら簡単に探し出せるような情報でも別のサーチエンジンではまったく歯が立たないというケースがよくあるのだ。

では、まずサーチエンジンの「性格」についてここで確認しておこう。

ディレクトリー系(登録型)

「Yahoo! Japan」のようなカテゴリ別にサイトが登録されたタイプのものである。Webページを直接検索するのではなく、サイト単位での検索となる。検索文字列の対象はそのサイトのタイトルとサイトの説明として登録された文章である。サイトの紹介文を検索するため、適切なキーワードで検索しヒットした場合は、そのキーワードに関して情報の濃いサイトである場合が多い。

Web全体を百科事典にたとえるなら、ディレクトリー系のサーチエンジンは百科事典の「目次」の働きをすると考えてよいだろう。

ロボット系(全文検索型)

「goo」や「infoseek Japan」のようなWebページの全文検索をするタイプのものである。データベースにはサイト単位で登録されているのではなく、サイトに関係なくWeb ページ内のテキストを直接検索する。つまり、検索文字列の対象はWebページのテキスト(つまりHTMLソースのタグを除いた部分)となる。サイトの性格を無視して単に「その文字列があるページ」を検索するので、単純なキーワードでは検索結果件数が数十万件になることも珍しくない。キーワードを追加していって絞り込みをしていく作業が必須である。

ディレクトリー系のサーチエンジンが「目次」ならば、ロボット系のサーチエンジンは「索引」である。

サーチエンジンを使う場合は大きく分けてこの二つの型の性格を理解し、自分の求めている情報、期待するページ内容をよく考えた上で使い分けをしなければならない。

130.gif

ディレクトリー系のサーチエンジンを使うケース

ディレクトリー系のサーチエンジンを使うべきケースは次の通りである。

サイト検索(サイトのタイトルを意識した検索)

サイト単位の登録サーチエンジンなのだから、サイト検索ならロボット系よりも断然便利であることは間違いない。では、「サイト検索」とは何か。それはサイトのタイトル名を意識して次のような検索する場合に威力を発揮する。

サービスの種類やサイトのテーマによる検索(サイトの紹介文を意識した検索)

ごく一般的なサービスや情報を提供するサイトを検索する場合もディレクトリー系のサーチエンジンを使用すると成功する確率が高い。サイトの紹介文はそのサイトのサービス内容や提供する情報の内容を簡潔に説明しているので、その紹介文の語句を意識して検索してみるといいだろう。例えば、次のようなケースが考えられる。

これら以外にも多数のケースがあるが、ある特定の情報を発信しているサイトの説明文を、そのサイトの運営者になったつもりで想像し、その説明文にあるべきキーワードを選択すれば、期待する検索結果となるだろう。

また、「Yahoo! Japan」の場合は様々なカテゴリによってサイトが細分化され登録されている。キーワード検索はこのカテゴリ名も対象となるので、そのカテゴリを探すつもりでキーワードを考えてみるとよい。

ロボット型のサーチエンジンを使うケース

ロボット系のサーチエンジンを使うべきケースは次の通りである。

ページ検索

サイトの運営者(運営団体)や内容に無関係に、ある特定の文字列が存在するページを網羅的に収集したい。そんな場合はロボット型のサーチエンジンに頼るしかない。例えば次のようなケースがあてはまるだろう。

eXTReMe Tracker
shikencho.com