Home - shikencho.com - インターネット最強の検索術

http://www.lycos.co.jp/

ライコスジャパン株式会社による運営。ロボット型サーチエンジンとしては後発であるが、検索対象のURL数は3000万ページとかなりの検索力である。ポータルサイトとしてのサービスも充実しているが、その割りにはページが軽い作りなのがうれしい。

020.gif

基本的な検索方法

初期画面のデフォルトの設定では「全ての語を含む」であるが、キーワードとして入力された語句や自然文を解析してそれらの単語を含むページを検索する。複数の単語で検索する場合は、スペースで区切るかそれらの単語がつながった文章を入力すればよい。このあたりの設定はInfoseek Japanと同様である。例えば「情報 検索」「情報の検索」「情報を検索する」などのキーワードによる検索は同じ検索結果リストを返すようである。

検索結果はニュース、ディレクトリーサービスのサイト、Webページが一度に表示されるのでディレクトリー型とロボット型のサーチエンジンを合わせたような感じとなる。

また、一度検索を行うと次の画面では検索語の設定について「全ての語を含む」「いずれかの語を含む」「語順を保持」「フレーズ」を選択できるようになる。また検索の対象も画像、音声、メーリングリスト、メールマガジン、ハードウェア、ソフトウェア、オンラインソフト、企業情報、オークションから選ぶことができる。

021.gif

検索結果リストの変更

ページ検索の結果リストについては、「サイトごとの表示」「タイトルのみ表示」「100件表示」を選択することで、検索結果リストの表示形式を変更することができる。

Boolean

「ヘルプ」に明確な記述はないが、「スーパーサーチ」にて次のような演算子が使えるようである。

基本的にはAND検索であるが、次の演算子ではAND検索に対してさらに細かな指定ができる。

スーパーサーチ

022.gif

上記のような複雑なBoolean演算子を使わなくてもかなり複雑な設定がこのスーパーサーチで実現できる。キーワードの設定や表示件数、検索対象のデータベース、ドメインの指定、検索結果リストのチューニングなど多彩な機能が用意されている。

ディレクトリーサービス

023.gif

ロボットが収集したページの他に、LYCOSのスタッフが確認したサイトをディレクトリー形式で整理したディレクトリサービスがある。登録数は多くないが、どれもスタッフが収集したサイトだけあって、いずれもお薦めである。

eXTReMe Tracker
shikencho.com